ニチリンケミカルについて

Creating innovation value

ニチリンケミカルについて

ニチリンケミカルは、
セルフィールとともに
歩んでまいりました

1990年代、大きくクローズアップされたシックハウス問題。シックハウスの大きな原因の1つに揮発性有機化合物の存在がありました。建材などに含まれたこれらの物質、それ以前であればある程度自然に抜けることもできていましたが、建築技術の向上などで、より気密性の高い住宅が建築されることで室内に閉じ込められる結果となり、人体に影響を及ぼし社会問題化していきました。その対策製品として誕生したのが、セルフィールです。住宅の高機能性と室内の環境をより快適なものへのお役立てに、セルフィールをご利用いただきました。

ニチリンケミカルについて

揮発性有機化合物の無害化から消臭・抗菌・抗ウィルスなどの環境衛生へ

ニチリンケミカルでは揮発性有機化合物への対応だけでなく、さらに社会でご利用いただける製品として開発・研究を進めました。シックハウスの原因となる揮発性有機化合物を無害化するセルフィール。そのメカニズムは、空気中の水分子からラジカルを発生させ、問題となる揮発性有機化合物を他の安全な物質に変化させるというものです。これらのことは、揮発性有機化合物を安全な物資に変化させるだけでなく、空気中に漂う臭い分子を減少させたり、菌やウィルスなどを減少させることができます。人にやさしい環境づくり、より快適な空間のご提供にお役立ていただいております。

ニチリンケミカルについて

基本に立ち返り、
セルフィールを
見つめ直す

ニチリンケミカルではさらなる可能性を求め、2013年京都大学大学院奥村准教授の研究室と提携しました。これまでに一般住宅はもちろんのこと、オフィスや商業施設、公共交通機関・医療施設などへの施工、また各商材の付加価値向上にと各種実績を積ませていただきました。しかし、それらに甘んじることなく、もう一度セルフィールを一から見つめ直し、基礎的な研究も含め、今後より皆様のお役に立てる製品にすべく、努力してまいります。

ページトップへ