HOME
お知らせ・ご案内
セルフィール
エコベース
ケアフィール
フロアガードエース
カーフィール
主な施工実績
施工技師一覧
施工のご相談
シックハウスについて
健康を考える皆さまへ
販売代理店募集
販売代理店を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください!

 
Image Photo
水性特殊高分子樹脂床用コーティング。
床材を完全にプロテクトする本物がついに誕生!
強化フィルムのようにシールされた新コーティング。
赤ちゃんがなめても大丈夫!今注目されているホルモンやシックハウス症への心配もありません。


フロアガード・エースは独自の広範な特殊高分子樹脂技術と親水化技術を基に、無公害・省資源化の要望に応えるべく開発された、全く新しいタイプの床用樹脂コーティング剤です。有害なフタル 酸系の乳化剤や有機溶剤を一切使用せず、水中に溶解あるいは極めて微細な粒子状に分散した、いわゆる水性一液型ウレタン樹脂です。
従来のワックスおよびコーティング剤は、樹脂分をエマルジョン化する際に多くの有機溶剤を使用するため、シックハウス症候群の主要な原因とされる物質(VOC)※を含んでいる可能性が極めて高いと考えれます。フロアガード・エースは水性でありながら常温乾燥でUV塗料および溶剤系の塗料に匹敵する高性能を実現できる、他に類を見ないコーティング剤です。また、その性能と安全性を証すため、(財)日本塗料検査協会にて性能検査済みです。
※空気中に確認された有機化合物の総称。ワックスおよびコーティング剤に使用されている主なVOCの例として、エタノール、n-デカン、トルエン、キシレン、塩化メチレン、フタル酸ジオクチル(DOP)、フタルジブチル(DBP)などがあります。


従来のワックスは主成分がロウであるのに対し、フロアガード・エースは特殊変成の最高級ウレタン樹脂をベースに無機高分子、特殊強化樹脂などを配合した、従来に類のない新しい床用コーティング剤です。
塗布後乾燥すると、強化フィルムのような強靱な膜を形成するため、床を完全にガードします。傷防止はもちろんのこと優れた耐水性を有し長期間効果を持続します。また、変色や劣化がほとんどなく、耐摩擦性にも優れ、光沢も長期間失われることなく、美観を維持します。
施工前と施工後の比較
◆従来のワックスとの性能比較
項  目
従来のワックス フロアガード・エース
 メンテナンス  数ヶ月で再施工が必要  数年間再施工が不要
 光沢  3〜4回塗重ねが必要  1回の塗りでOK!
 耐水性  水拭きに弱い  水拭きにも強い
 防汚性  汚れやすい  汚れにくい
 耐傷性  傷つきやすい  傷つきにくい
 黄変色  変色しやすい  変色しにくい
 ランニングコスト  再施工が必要なのでコスト高になる  コストダウンが図れる

◆従来のワックスとの対物性比較
項  目
従来のワックス フロアガード・エース
 ナトリウム溶液 ×
 酢 ×
 ウイスキー
 コーヒー
 しょう油
 水
 摩擦性※ 43mg 15mg
※摩擦性:数値が小さいほど、摩擦に強い(すべりにくい)