HOME

  TOPICS
日本剣突学会 九州支部にて『空気触媒セルフィール』の効果についての論文発表
弊社九州・沖縄地域総代理店であるエコアス株式会社の環境・分析部部長の道津 隆氏が、2008年3月2日(日)に崇城大学にて開催された日本建築学会 九州支部の発表会でご本人自ら発表されました。
本研究のまとめとしまして、空気触媒を用いる事で次の効果を明らかにしました。
【1】 施工後7〜8ヶ月経過時点でホルムアルデヒド濃度を
低く保つ効果があり、長期的な効果をもつ。
【2】 夏場においても施工直後からホルムアルデヒド濃度を
低減し、効果にばらつきが無かった。
【3】 24時間換気が効きにくい条件がある場合、換気目的を
補完し化学物質濃度の低減手段として有効である。